完全なる共作

皆さん、こんにちは。

春-HARU-です。


まほろばは現在、

少し先にある予定に向けての楽曲制作、楽曲の整理等をしています。


たまに、「まほろばの楽曲はどちらが作っているのか?」というご質問を頂くのですが

全ての曲が [ 完全なる共作 ] となっています。


振り返ってみると、まほろばを初めた当初は制作の度に

- 和太鼓とポップスの融合 -

という部分に頭を悩ませていました。


和太鼓の良さを生かしながらポップスを作る、それがなぜ簡単にできなかったのか。

その理由を、ものすごーく簡単に言うとすれば、


太鼓の


・音が大きい

・音が長い(余韻)

・音の個体差ありすぎ

・音のダイナミクスありすぎ


だから。と言ったころでしょうか…


そしてただでさえ大変なところに、

非常にアツい 達-TATSU-の「太鼓愛」が加わり( ※ 達-TATSU-日記参照

ポップス生まれDTM育ちの私の頭の中は常にカオス状態に。


もちろんそれらは全て太鼓にしか無い「個性」で、

それこそがまほろばの「個性」にも成り得るので、

自分たちが表現したい音楽世界を時に恨みつつ…ジリジリ、ジリジリと今のサウンドになっていったのでした。


ですので私個人的には既に、思えば遠くへ来たもんだ(遠い目)という気持ちなのですが

今後まだまだ進化の可能性を秘めているのが まほろばサウンド の恐ろしさであり…


ただ、「音楽」というものに対して、

詞曲やアレンジ、曲全体の雰囲気にこだわりがある私と、

サウンドや曲構成、魅せ方・聴かせ方にこだわりを持つ 達-TATSU- 。


得意分野がかぶっていないのが、非常に男女ユニットらしい長所であり、

それはなかなか面白いことだな…という極めてポジティブな考え方を忘れることなく、


今後も [ 完全なる共作 ] による楽曲制作に励んでいきたいと思います!


今回もご清覧、有難う御座いました。