太鼓の締め上げ

先日、太鼓の締め上げを行いました。

皆さんこんにちは、春-HARU-です。


基本的に、紐で締められている太鼓は、


演奏の前に締め上げ

演奏の後には緩める


という作業を毎回行います。


締め上げることで音をチューニング、

緩めることで皮に負担をかけずに保管できる、という事なのですが

太鼓の種類にによっては大人2人がかりで、

出せる力のすべてを使って何度も締め上げなければならない、というものもあります。


まほろば は太鼓奏者の達-TATSU-と、私の2人しかいないので、

その大人の一人は自動的に私ということになります。


最初は「冗談かな?」と思っていましたが

今となってはもう覚悟を決めて、

毎回ケガだけはしないように気をつけて挑んでいます。


今回は締め上げのお話しをしていますが、

他にも持ち運び、セッティング、保管方法等など、

鍵盤をメイン楽器としてきた私には、太鼓のすべてが驚きに満ちており

これは果たして本当に楽器なのだろうか?と思うことが未だにあります。


「人生を太鼓と共に終えたい」と、出会った頃から言い続けている 達-TATSU-。

それこそ最初は「冗談かな?」と思っていましたが、

どうも本気のようなので、今後は私も太鼓とともに生きていくことになります。


この日記では、そんな「太鼓素人」だった私から見た

太鼓の不思議なども書き綴っていければと思っておりますので

共にこの驚きを分かち合って頂ければ幸いです。


今回もご清覧、有難う御座いました。

春 -HARU-

歌・作詞・作曲・編曲|Lyrics and Vocals / Composition / Arrangement

OFFICIAL SITE
http://www.w-mahoroba.jp/

- 音楽によって描かれる 五つの”幻”風景 -

2ndミニアルバム「GOSHIKI 五色」発売中!