音楽を創る日々


最近のまほろば、次なる公演に向けての打ち合わせが続いています。

公演の詳細など情報公開が待ち遠しいです。



そして、公演の打ち合わせ以外のまほろばの日々はといいますと、

楽曲を創り続けています。


長いトンネルの中を歩き続けるような日々、というと少し暗いですね・・・。

複数の楽曲を同時に進行しているため、光が見えたと思えば次のトンネルが待っていて、

出口があるのだろうかと不安を感じながらも、また一歩踏み出す、そんな日々です。



ここでのポイントは、出口がはっきりとは見えていないという事です。

作曲のトンネルは、意外と短い時もあれば恐しく長い時もあり、

何度作曲してもその道は予想を裏切ってきます。(それは面白さでもありますが。)



どうも後ろ向きな空気が流れてきてしまいましたが、

もちろん曲は創りたいのです。自分たちの音を届けたいですから。


音を届ける事ができるという幸せは何にも代え難いものです。


それは演奏をしている時もそうですが、


それまでの苦が吹き飛び、自分という人間が存在できている事を深く感じられるような・・・


うまく言葉で表しきれませんが、


その瞬間があるから日々を生きる事ができています。



音楽に救われている。

大袈裟ではなく、いま存在している世界がとても輝いてみえる。



その時間は素晴らしい音楽と共にあります。



だから、曲を作りたいし、その出会いを楽しみたい、

音に包まれた日々を積み重ねて、まだ見ぬ世界へと。


もう少しこの不安を楽しむような余裕があればな・・・でも次の光りを求めて一歩ずつ進みます。


「毎日聴いてます」と伝えてくれた、あなたの言葉がまた力をくれます。

ありがとう御座います。

達 -TATSU-

和太鼓・作曲・編曲|Japanese Drums / Composition / Arrangement

OFFICIAL SITE
http://www.w-mahoroba.jp

- 音楽によって描かれる 五つの”幻”風景 -

2ndミニアルバム「GOSHIKI 五色」発売中!