新曲「おいで」について

皆さん、こんにちは。春-HARU-です。

一昨日、まほろば最新曲「おいで」Short ver. が公開されました。


既に聴いて下さった皆さん、どうも有難うございます!


自分たちが制作した楽曲を公に発表する瞬間というのは

何度経験しても、毎回おなじように緊張し、

自分の中から濃い溜息のような、魂のカケラのようなものが、

むわっ と出ていく気分です…


そんな事はさておき、

今回の「おいで」は、


――――――――

- 子供の頃の可能性を忘れず 遊ぶように生きろ -

大人になった私に、子供だった私が呼びかける。

「おいで おいで ここへおいで」

――――――――


この様なテーマのもと制作していきました。

テーマ、そして歌詞の中にも出てくる《遊ぶ》という言葉。

まさに今回の「おいで」という曲は《遊び心》が至るところに散りばめられた作品となりました。


曲・歌詞・サウンドから、皆さんにも感じ取って頂けていれば幸いです。


その一方で、サウンド面では新たなチャレンジも多く、

自分自身からのプレッシャーを強く感じる制作期間でもありました。


ですが最終的には「遊ぶように生きる」と言う楽曲のメッセージに、私自身が背中を押され、

一歩先へ進むことへのワクワクした気持ち、

今を楽しむ気持ちを失うこと無く、

表現したいサウンドへと辿り着けた気がします。


誰しもその人生がチャレンジの連続だと思いますが、

何か大きな壁を越えようとするその時の、追い風のようなものを、

楽曲を通して皆さんにお渡しできていれば嬉しいです。


また、「おいで」という日本語がとても好きなので、

このタイトルの曲が作れたことも、個人的には幸せ感じる一曲になりました。


まほろばの最新曲「おいで」、皆さん是非お聴き下さい。


今回もご清覧、有難う御座いました。