ふるさと

私たちの故郷は福井県で、ふたり共が同じ嶺北地方で生まれ育ちました。

私は日本海の近く、そして田園の広がる町で高校までを過ごしました。


今、まほろばを通して表現している音楽世界の中には、

少なからず自分の「郷愁の念」のようなものも含まれていると思っています。


あぜ道を歩いている記憶や、

雪が降る朝にバスを待っている記憶、

下校途中にある神社で遊んでいる記憶、


景色は様々ですが

その全てに共通しているのは「どことなく寂しい」という感情。


その当時、寂しい思いをしていたのか

今、思い出すから寂しいと感じるのか

ハッキリとは分かりませんが、


とにかく「ふるさとの風景」と言うよりも、

その「寂しい」という感情の欠片が、自分の作る音楽の中に必ず混ぜ込まれてしまうように感じます。


自分から望んで東京に出て、

故郷を思って曲を作るというのもおかしな話ですが、

故郷を離れて生活しているからこそ、音楽を作り続けられているのだと感じます。


東京という街に住んでいると、常に自分を試されているように感じる、

というのはきっと私だけではないと思いますが、


その試練に何とか立ち向かっている中で

自分の潜在能力のようなものがいつの間にか引き出され

また「少しだけ新しい」自分と出会える。


ただその繰り返しを、

私も今、東京で続けているのだと思います。


冬が近づくことで、雪国でもある福井への「郷愁の念」が強くなってきたのか、

最近やけに頭をめぐる「ふるさと」への想いについて書いてみました。


今回もご清覧、有難う御座いました。